講座レポート

2012.10.06

約1ヶ月にわたって行われた『ゼロから初めるDTM作曲講座』の講座レポートが公開されました。
http://ongakubigaku.tumblr.com/post/32870981053/dtm

私は全くの初心者というわけではありませんでしたが、まだまだ未熟で学びたい事がたくさんあったので生徒として参加しました。
全4回の講座を受講した結果、自分の欠点やその改善方法等をプロの視点から指摘して頂き、先生や他の受講者の方々から良い刺激をたくさん受ける事ができました。
音楽に携わる人とのコミュニティを築けた事も、大きな成果だと感じています。

さて、レポートの最後に私の楽曲が掲載されておりますが、今回はその裏話?を綴りたいと思います。

第3回の授業の後半、「次回(次週)までに1曲作ること」が最後の課題として与えられました。
第4回(最後)の授業はそのブラッシュアップを行うとの事。

1週間でどんな曲を作るか悩みましたが、最終的に「自分の理想と現実が最もかけ離れているジャンル」を選択しました。要するに苦手分野です。
プロの方に曲を聞いてもらい、欠点まで指摘してもらう機会など滅多にない事なので、この機会に苦手分野に立ち向かい、少しでも克服したいと考えたからです。

そんな訳で、ハードコアテクノ系+ボーカル曲+転調という今まで逃げまくっていた分野に挑戦。

結果、こんな曲に仕上がりました。(今聞いても恥ずかしい///)
さらに曲をネットで公開する事を知らされ、恥ずかしさ5割増。。。

しかし、もし無難に作れる曲を提出していたら私はこの先もずっと逃げ続けていたと思います。
「恥ずかしい作品は他人に公開したくない」という弱い自分に勝てたという意味では、この曲に合格点をあげたいと思います。

そして、いつかこの苦手分野を逆に武器へと変え、音楽の世界をより美しく優雅に飛び回れるようになりたいと思います。それが私にとっての「最後の課題」です。

最後に、今回の講座でお世話になった先生方、他の受講者の皆さんに感謝の意をこめてこの日記を終わりにしたいと思います。